1. HOME
  2. ご支援について
  3. 遺産のご寄付「遺贈寄付」
ご支援について

遺産のご寄付「遺贈寄付」

LEGACY DONATIONS

遺産のご寄付「遺贈寄付」

「遺贈寄付」で「遺児」を支えていく

遺児支援活動は約60年間におよび、延べ約11万人に対して高校・大学進学の夢を叶えてまいりました。こうしたあしなが育英会の活動資金は、全国から寄せられた皆様の善意により支えられております。

近年、格差拡大の問題がクローズアップされておりますが、遺児家庭を取り巻く経済環境は厳しさを増し、遺児が教育を受ける機会すらも危ぶまれる状況にあります。本会では彼らの経済的窮状に鑑み、これまでの「貸与型奨学金制度」に上乗せする形で、全奨学生を対象とした返還不要の「給付型奨学金制度」を2018年に設けました。遺児たちの経済的な負担をできるだけ軽減し、希望すれば誰もが平等に教育を受けることのできる社会を実現しなければと思います。

あしなが育英会ではこうした遺児たちの「教育を受けたい」という切実な願いを何とか実現できるよう努力を続けておりますが、残念ながらすべての希望に応えきれていないのが現状です。是非、みなさまのあたたかいご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

あしなが育英会では、遺贈によるご寄付を受け賜わっております。ご相談を電話、メールで承っております。お気軽に本会までご相談ください。

あしなが育英会への遺贈寄付の特徴


  • 2.現金以外の不動産寄付も受け賜わります

    2.現金以外の不動産寄付も受け賜わります

    本会では現金だけでなく土地・家屋等の不動産、株式等の有価証券、貴金属、絵画等の動産の遺贈寄付も受け賜わっております。現金以外のものは原則として現金に換えさせていただいております。不動産は遺贈をお受けしたあと、所有権移転登記を経て売却させていただきます。もちろん遺言書にしたがって不動産の売却を遺言執行者様が行い、その換価代金を本会に寄付することもできます。なお、室内に残された家具家財等はあしなが育英会で処分させていただくこともできます。財産や遺言内容によってはお受けできない場合もございますのでまずは本会へご相談ください。

     


  • 3.包括遺贈でも受け賜れます

    3.包括遺贈も受け賜わります

    包括遺贈とは、財産全体について配分の割合を指定し、相続財産の全部、または一定の割合を特定の人や団体に遺贈することを言います。たとえば、「遺言者は、遺言者の有する財産の全部を、あしなが育英会に包括して遺贈する」などのように書きます。財産や遺言書の内容によってはお受けできないこともございますので、詳細については本会にお問い合わせください。

     


  • 4.資金使途を指定して遺贈することが可能

    4.寄付の使いみちを選ぶことができます

    本会への遺言による寄付は使いみちを選ぶことができます。「1.あしなが活動全般」「2.国内遺児の教育支援事業」「3.国内遺児の心のケア事業」「4.東日本大震災遺児の支援事業、」「5.海外遺児の教育支援事業」から指定していただくことができます。遺言による寄付の使いみちを限定したい場合、たとえば「遺児の奨学資金に役立てる」や、「遺児の心のケア事業のために役立てる」等のご希望を遺言書の付言事項に明記してください。

     

遺贈寄付されるご本人向け


  • 遺言による寄付の流れ

    遺言による寄付の流れ

    どのような手順で進めれば良いか、遺言によるご寄付の手順を順番にご説明しています


  • 遺言書の書き方

    遺言書の書き方

    遺言書(自筆証書遺言と公正証書遺言)の書き方等についてご説明しています


  • 不動産の遺贈寄付について

    不動産の遺贈寄付について

    不動産を遺贈寄付される際の手順、税金の取り扱いについて等をご説明しています


  • 包括遺贈と特定遺贈

    包括遺贈と特定遺贈

    包括遺贈と特定遺贈のそれぞれの特徴や留意点をご説明しています


  • 生命保険信託による寄付

    生命保険信託による寄付

    生命保険信託の仕組み、利用の流れについてご説明しています

あなたの遺贈寄付はこのように使われます

ご遺族の方向け


  • 相続財産からの寄付

    相続財産からの寄付

    相続された財産の中から遺贈寄付をお考えの方(基本的な流れ、税金の取り扱い等)はこちらをご覧ください


  • 香典返し寄付

    香典返し寄付

    お香典返しに代えてご寄付をご検討されている方はこちらをご覧ください

遺贈寄付に関するQ&A

一般財団法人あしなが育英会ではどのような寄付を受け付けていますか?

本会では、現金はもとより株券、国債、地方債、プリペードカード、商品券などの有価証券、土地・家屋などの不動産や貴金属、絵画などの動産の寄贈も受け賜っております。本会では、ご寄付いただいたものは遺児の奨学金や心のケア活動に使わせていただきますので、現金以外のものは原則として現金に換えさせていただいております。

本、雑誌などの寄付は受け付けているのですか?

書籍や雑誌などのご寄付はあしなが心塾レインボーハウスや神戸レインボーハウスにスペースがあればお受けいたしておりますが、現状では書棚にスペースが無く、お断りさせていただいております

寄付金はどのように使われているのですか?

本会へのご寄付には、使途目的別に1.「あしなが活動全般」、2.「国内遺児の教育支援事業」、3.国内遺児の心のケア事業、4.東日本大震災遺児支援事業、5.海外遺児教育支援事業などに分けてお願いしております。

皆様からいただいた寄付金は上記の目的に沿って、病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、障がいなどで親が十分に働けない家庭の子どもたちへの「貸与型奨学金」ならびに「給付型奨学金」(平成30年4月からは貸与に上乗せして返還不要の給付も始まりました。)に充てるほか、遺児への教育指導と心のケアのための活動資金として使わせていただいております。

本会では、生活保護家庭でも親からの仕送りなしで、首都圏や関西圏の大学にも進学可能な学生寮「あしなが心塾」、「神戸レインボーハウス」を日野市と神戸市に設置、運営しております。塾生の負担は月額1万円だけで朝食と夕食を提供しております。塾生にはさまざまなカリキュラムを課して、「暖かい心・広い視野・行動力・国際性」を兼ね備えた、広く人類社会に貢献する人材の育成に努めております。

*一般財団法人あしなが育英会では遺贈に関して次の金融機関と協定を結んでおります。 遺贈寄付に関するご相談や遺言信託、遺言書作成等について本店または各支店において専門家のアドバイスを引き受けていただいております。

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。