1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 【詳細レポート】福井で街頭募金を実施しました

【詳細レポート】福井で街頭募金を実施しました

5月から12月まで、全国47都道府県を繋いで寄付を募る「あしなが学生募金 全国募金リレー」。7月2日(土)には福井県と滋賀県で2年9ヶ月ぶりに街頭募金が行われました。本記事では福井県での募金の様子を報告します。

 

2年9ヶ月ぶりとなる福井県での募金は、福井駅前と敦賀駅前で実施しました。その中心となって活躍したのがペテモヤさんです。 
ペテモヤさんは、コンゴ民主共和国からの留学生で現在福井大学に通っています。この日は敦賀駅での活動に参加したペテモヤさん。そんな彼がこの募金活動を通して、伝えたい想いを紹介します。 

 

 

 

皆様がご存知の通り、日本だけでなく、世界中に親を失ったから、将来の夢を諦めざるを得ない子ども達がまだまだ多くいます。私も小学校3年生で、親を失って、お姉さん達も若くてみんなが進学できない状況でした。母国、コンゴ民主共和国では義務教育や遺児支援の法律がない社会なので、お姉さんが進学を諦めて、アルバイトをして私の授業料をサポートしてくれました。子どものときから、大学に進学し、よい仕事に着き、助けてくれたお姉さん達、そして私と同じように親を失った子おも達に恩送りしたいという夢がありました。しかし、進学できない状況だったから夢を諦めざるをえなかったのです。その時にあしなが育英会と出会って、奨学金の支援を受け取ることができ、今私は福井大学に進学しています。

 

ペテモヤさんらの呼びかけに、多くの人が耳を傾け募金に協力してくれました。「頑張ってね」、と温かい声をかけてくれる人もたくさんいました。ペテモヤさんは「みんなで力を合わせて頑張ったので良い活動となりました。」と感想を語ってくれました。

  


  

福井駅での活動

敦賀駅のほかに福井駅でも街頭募金を実施しました。

 

 

福井県での募金は、下記の報道機関に報じられました。リンク先でWeb記事をご覧いただけます。   

     

        

    福井での街頭募金は終了しましたが、ご寄付は引き続き募っています。クレジットカード、銀行振込、口座引落などでご寄付が可能です。現在福井県内では49人の遺児が奨学金を必要としています。ご寄付で遺児の進学を支えてください。よろしくお願いします。  
      
    また、福井県の次は7月9日(土)には京都府の河原町、烏丸、桂川駅、そして兵庫県の三ノ宮駅、元町駅、名谷駅、明石駅、姫路駅、六甲駅、六甲道駅、芦屋駅、西宮北口駅、尼崎駅で実施します。時間は全拠点10時から13時までです。引き続きあしなが学生募金への応援をよろしくお願いします!

     

    あなたの支援を必要としている子どもたちがいます。

    あしなが育英会では、病気や災害、自死などで親を亡くした子どもや、障がいなどで親が働けない子どもを支えています。

    これまであしながさんのご支援のお陰で11万人の遺児が進学の夢を実現しました。

    遺児たちをそっと支援する「あしながさん」として、子どもたちを応援してくれませんか?


    寄付をする

     

     

    寄付で遺児を
    応援する

    寄付する

    Follow Us

    あしなが育英会 公式SNS

    Mail News

    あしなが育英会 公式メールニュース

    あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

    Contact

    お問い合わせ

    お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
    掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。