1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 「クリスクぷらす」に取り上げられました

「クリスクぷらす」に取り上げられました

お知らせ 2021.07.11

通信制高校の資料請求サイト「通信制高校ナビ」を運営する株式会社クリスクのwebメディア「クリスクぷらす」にて、東北レインボーハウス(仙台石巻陸前高田の3つのレインボーハウスを合わせた総称)を統括する西田所長のインタビュー記事が掲載されました。

 

記事では喪失体験によって心身に表れる様々な反応である「グリーフ」に焦点を当てています。大切な存在を失った人は自分のグリーフとどのように付き合い、周囲はどう支えればいいのか、といった疑問にこれまでの遺児や遺族との触れ合いから答えています。

 

グリーフは人それぞれの、ごく自然な反応。グリーフを抱えている人は、自分のありのままの気持ちを丁寧に扱うことが大事だといいます。

 

悲しさや怒りといったネガティブな感情はない方がいいと思うかもしれません。でも、その感情は失った人への愛情があってこそ生まれたもの。見方を変えれば、あたたかな意味を持っているのです。

 

また、喪失体験や気持ちを他の人と共有することが、自分のグリーフを受け止めるうえで大きな力になり得ると話しています。ソーシャルディスタンスを求められる現在のコロナ禍では、グリーフが複雑化しやすいとも。

 

お見舞いがはばかられたり、葬儀が縮小したりしているコロナ禍での死別には、『さよなら』の準備をしにくい、別れの実感が持ちにくいといった難しさがあります。

 

「あなただけのグリーフ」に丁寧に触れるヒントを、この記事から得られるかもしれません。何かを感じた方は、ぜひこちらのリンクからお読みください:

大切な人やペットと死別、離別した人へ あなたの心の痛み「グリーフ」とうまく付き合い、起き上がる力をつける方法、手立て

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。