1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 【贈呈式】東亞合成株式会社様よりご寄付、本会奨学生も参加

【贈呈式】東亞合成株式会社様よりご寄付、本会奨学生も参加

お知らせ 2022.03.29

 

3月15日、東亞合成株式会社様本社にて、ご寄付の贈呈式が行われました。会社の社会貢献方針である、「次世代につながる育成」の観点から支援団体としてあしなが育英会を選定くださり、昨年末に初めてご寄付をいただきました。

式には芹田泰三執行役員グループ管理本部長、代谷豊和総務法務部長が出席し、本会からは岡崎専務理事に加え、本会奨学生で学生寮「あしなが心塾(こころじゅく)」塾生の錦織さんと大坂さんが出席しました。

(写真は、左から代谷総務法務部長、錦織さん、芹田執行役員、岡崎専務理事、大阪さん)

 

*「アロンアルフア®」でお馴染みの東亞合成株式会社様は、2019 年 9 月 18 日 「一般消費者向け瞬間接着剤最長寿ブランド」としてギネス世界記録 ™の公式認定を受けました。

 

東亞目録

(左、芹田執行役員 右、岡崎専務理事)

 

 

懇談会 学生寮の経験は他にはない強み

 

式終了後には短い時間ではありますが懇談の機会をいただき、学生たちとざっくばらんにお話ししていただきました。

 

学生たちからは、現在生活している学生寮での留学生との衝突や、どのように人間関係を築き、問題に対処しているかといった苦労話が伝えられました。

 

それに対して、代谷部長が、寮での経験は就職活動でもメリットがあることを話されました。

 

代谷部長

「就職面接でも、同じような経験談を話す人が多いけど、人とは違う、もうちょっと突っ込んだことをやって欲しいというのはありますね。寮でのそういった経験は他にはない強みだと思いますよ」

 

また、芹田執行役員は社員寮の話もされていました。

 

芹田執行役員

「当社は一時期社員寮を減少させた時期がありました。しかし、連帯感の希薄化などのデメリットも感じられ、今では積極的に活用しています。寮生活をすることで上下関係含め社員同士のつながりができ、『あの人だったらすぐ聞ける』といった業務効率の向上にも貢献しますよね。何気ない会話であっても、アンテナの立っている人にはすごく有益になる。今般のコロナ禍はそういった人とのつながりを見直すきっかけにもなりました。」

 

話を聞いていた学生たちも、当たり前に感じていた寮生活がいかに価値のあることか、改めて認識したと感想を述べておりました。

 

このような立場の方と学生がお話しする機会は滅多にないため、非常に良い経験になったと思います。

東亞合成の皆さま、この度は誠にありがとうございました。

 

懇談の様子

(懇談の様子)

 

以下、今回参加した学生からもコメントが寄せられました。

 

錦織さん

「今回は素晴らしい機会をいただき、誠にありがとうございました。普段接することのできない方々と話して、非常に学びが多かったなと感じております。支援してくださっている方々に直接お会いして、改めてありがたさを実感しました。残りの大学生活、そして来年からの社会人生活を、感謝の気持ちを忘れず歩んでいきたいと思います。」

 

大坂さん

「今回、このような貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。社会人の方とお話する機会は少ないので今後の活動に生かせるように頑張ります。たくさんの支えがあって今の自分があることに感謝しながら夢に向かって進んでいこうと思いました。」

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。