1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 【ひと】兵庫での街頭募金復活に向けて Part 2

【ひと】兵庫での街頭募金復活に向けて Part 2

2022年5月から12月まで、全国47都道府県をリレーでつなぎ寄付を募るあしなが学生募金 全国募金リレー。7月9日(土)には京都府と兵庫県で実施されます。

兵庫は募金の実施場所が11か所と全国で2番目に多く、そのためあしなが学生募金事務局の学生たちは兵庫東(阪神地域)、神戸、兵庫西(姫路・明石)の3地区にわかれて、街頭募金の準備をすすめています。昨日から3日間をかけて、この県内3地域での街頭募金の復活に向けて奮闘する学生を紹介しています。

2日目はあしなが大学奨学生で、学生募金事務局の兵庫西ブロックに所属するさとみんさんを紹介します。

 

 

 

さとみんさんは生まれも育ちも姫路市。自室に姫路城のポスターを貼るほど地元を愛する大学3年生です。将来は建築関係の仕事に就くことを目指し、市内の大学に通っています。あしながの奨学金を受け始めたのは高校1年生のときのこと。さとみんさんが小4の時に、お母さんが指定難病の筋ジストロフィーを発症し、働くことができなくなりました。父親とも5歳のときに離別しており、経済的に困難な状況にありましが、中学校の担任の先生にあしなが育英会のことを教えてもらい、奨学生になることができたといいます。

中学卒業後の進路に選んだのは商業高校。早く働いて家族を支えたいと、手に職をつけるための選択でした。しかし本当は子どもの頃から設計の仕事に興味をもっていたさとみんさん。その想いを押し殺して、商業科に進んだのでした。しかしそんなさとみんさんに転機が訪れます。高校1年生の夏に参加したあしなが育英会の高校奨学生のつどい(サマーキャンプ)で、同じく困難な状況にありながらも大学で学ぶ先輩に出会ったのです。先輩に背中を押されたさとみんさんは、一念発起して大学進学を目指すようになりました。

 

 

高校2年生のころのさとみんさん。卓球部の活動と受験勉強にあけくれていた(2019年3月)

 

 

努力が実り、現在さとみんさんは大学で建築を学んでいます。それと同時に、あしなが学生募金の活動も精力的に行っています。自分が夢を諦めずにすんだのは、あしなが奨学金と、奨学金が繋いでくれた出会いがあったから。後輩たちにもこの奨学金を届けたいと、活動に励んでいます。昨年度は学生募金事務局の兵庫西ブロック(神戸市須磨区以西)のブロックマネージャーを務め、現在は事務局の関西エリアマネージャー補佐として、関西全体の街頭募金を取りまとめる立場にあります。

 

 

募金本番に向けたプレ募金(募金の実践練習)で遺児の現状が書かれたリーフレットを配るさとみんさん(左・2022年6月・大阪府高槻市)

 

 

2021年12月、兵庫ではコロナ禍で中止していた街頭募金を、 2年ぶりに実施することができました。しかしながら実施は元町駅前のみで2時間だけと限定的であり、姫路では実施できていません。遺児たちの進学を守る為には街頭募金を本格的に復活させる必要があります。そのためにさとみんさんは仲間たちとミーティングを重ね、準備を進めています。

 

 

2021年12月に、2年ぶりに実施された元町駅前での街頭募金。写真右がわっかーさん

 

 

「奨学金を希望する遺児や親に障がいがある子どもは増加しており、全国には約8400人、ここ兵庫県にも531人もいます。この後輩たちに奨学金を届けるため、またこれから先に奨学金を必要とする子どもたちのために、私は全力で募金を呼びかけます。姫路の皆さん、ご協力をお願いします。ぜひお知り合いなどにも、この活動のことを知らせていただけると嬉しいです。」とさとみんさんは語っててれました。

 

 

コロナ禍前のJR姫路駅前での街頭募金(2019年10月)

 

 

兵庫での募金は7月9日(土)の10時から13時に、西宮北口駅前、JR尼崎駅前、JR芦屋駅前、住吉駅前、三宮駅前、元町駅前、姫路駅前、六甲駅前、六甲道駅前、明石駅前、名谷駅前で実施予定です。みなさんに街頭でお会いできるのを楽しみにしています。

また、街頭以外でもご寄付を募っています。クレジットカード、銀行振込、口座引落などでご寄付が可能です。現在兵庫県内では、全国で3番目に多い531人の遺児が奨学金を必要としています。ご寄付で遺児の進学を支えてください。よろしくお願いします。

 

 

あなたの支援を必要としている子どもたちがいます。

あしなが育英会では、病気や災害、自死などで親を亡くした子どもや、障がいなどで親が働けない子どもを支えています。

これまであしながさんのご支援のお陰で11万人の遺児が進学の夢を実現しました。

遺児たちをそっと支援する「あしながさん」として、子どもたちを応援してくれませんか?


寄付をする

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。