1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 【ひと】福島での募金復活に向けて|6/4(土)郡山駅・福島駅で実施

【ひと】福島での募金復活に向けて|6/4(土)郡山駅・福島駅で実施

2022年5月から12月まで、全国47都道府県をリレーでつなぎ寄付を募るあしなが学生募金 全国募金リレー。6月4日(土)には福島県と茨城県で実施されます。

実施を前に、福島県でのあしなが学生募金の復活に向けて奮闘する、大学奨学生のはるかさんを紹介します。

 

はるかさんは生まれも育ちも福島県郡山市。県内の大学で土木工学を学ぶ4年生です。4年生ということで、今は就活真っ最中。建築や土木の仕事に就くことを目指しているそうです。

そんなはるかさんは、高校1年生のときに父親を白血病で亡くしました。それまで健康だった父に訪れた突然の死。大きな悲しみとともに、大きな経済的な不安がはるかさんを襲いました。そんなときに出会ったのがあしなが奨学金。奨学金のお陰で、はるかさんは無事現在の大学に入ることができたといいます。

 

はるかさん

 

学生募金事務局の活動に関わり始めたのは、大学1年生の秋のこと。東北地方のあしなが高校奨学生のためのサマーキャンプ「岩手山のつどい」にスタッフとして参加したはるかさんは、学生募金事務局東北エリアの仲間と出会いました。以来東北の仲間たちと一緒に、学生募金事務局の活動に打ち込んできたはるかさん。2,3年生のときは学生募金事務局福島ブロックのブロックマネージャとして、福島県内での活動を率いました。今年度は福島ブロックのコミュニケーションユニット(広報担当部門)のリーダーとして、活動の発信に注力しています。

福島県でもコロナ禍のため、2019年10月を最後に、街頭募金を実施できていません。遺児たちの未来の為には街頭募金の本格復活が急務と、はるかさんは仲間たちとミーティングを重ね、準備を進めています。

 

コロナ禍前の福島駅東口での街頭募金(2019年10月)

 

福島での募金は6月4日(土)に、福島駅東口(10時~17時)、郡山駅西口(10~18時)で実施予定です。みなさんに街頭でお会いできるのを楽しみにしています。

また、街頭以外でもご寄付を募っています。クレジットカード、銀行振込、口座引落などでご寄付が可能です。現在福島県内では116人の遺児が奨学金を必要としています。ご寄付で遺児の進学を支えてください。よろしくお願いします。

 

あなたの支援を必要としている子どもたちがいます。

あしなが育英会では、病気や災害、自死などで親を亡くした子どもや、障がいなどで親が働けない子どもを支えています。

これまであしながさんのご支援のお陰で11万人の遺児が進学の夢を実現しました。

遺児たちをそっと支援する「あしながさん」として、子どもたちを応援してくれませんか?


寄付をする

 

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。