1. HOME
  2. あしながメディア
  3. JICAオンラインセミナーで、本会職員と留学生が講演

JICAオンラインセミナーで、本会職員と留学生が講演

あしなが育英会とあしなが学生募金事務局は、5月31日(月)からJICA地球ひろばの月間展示コーナーで、活動紹介展示をしています。

6月16日(水)には関連イベントとして、オンラインセミナー『世界へ広がる「恩送り」-募金を通して日本の遺児がアフリカの遺児を支える-』が実施されました。

今回は、セミナーの様子をレポートします。

 

セミナー終了後の参加者での集合写真(提供:JICA地球ひろば)

 

セミナーでは本会のアフリカ遺児支援の「今」について、あしながウガンダ現地代表の立岡職員(写真最上列左から3番目)と、100年構想生としてコートジボワールから来日したジョセフさん(最上列右から2番目)が講演しました。

ファシリテーターの斎藤職員(最上列左から1番目)の進行のもと、アットホームな雰囲気のセミナーとなりました。

 

立岡職員は東京から約12,000km離れたウガンダ共和国の「あしながウガンダ心塾」から参加。本会が進める「あしながアフリカ遺児高等教育支援100年構想」の概要とこれまでの実績を紹介しました。

また100年構想生として法政大学で学ぶジョセフさんは、来日に至った経緯や現在の学び、将来の志などを語りました。

 

参加者は約50人。講演中にはチャット機能を通して「なぜあしなががアフリカへ?」、「どうしてウガンダ?」など数多く質問も寄せられ、多くの方に関心をもって聞いていただけたようです。

今後もあしながの活動を知っていただけるよう、積極的に発信の機会を持っていきたいと思います。

講演の機会を頂いたJICA地球ひろばの皆さま、セミナーに参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

JICA地球ひろばでの展示は6/26(土)まで

JICA地球ひろばでの展示は、6月26日(金)まで実施しています。

これまでは緊急事態宣言の影響で来館予約が必要でしたが、6月22日(火)からは予約無しでお越しいただけます。

(事前にJICA地球ひろばのウェブサイトで開館状況をご確認下さい。)

展示については、こちらの記事もご覧ください。

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。