1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 決して未来は、暗くない。|あしながさんVOICE〈8月版〉

決して未来は、暗くない。|あしながさんVOICE〈8月版〉

お知らせ 2021.09.13

お手紙、ハガキ、メール、お電話、寄付の振込用紙やオンラインページからのメッセージ・・・

あしなが育英会には日々、日本全国のあしながさんから、たくさんの「声」が届きます。

その多くは遺児たちを直接的に励ます応援の声です。

 

時には、少し異なる「声」も届きます。

 

あしながさん自身の体験や思い出。過去に助けてくれた誰かへの感謝。寄付という行為に込めた強い想いと本会への大きな期待。職員へのねぎらいの言葉もいただいています。

 

あしながさんの数と同じだけ多種多様な想いと「声」があり、一つひとつ形は異なれど、そのすべてが遺児に向けられた優しさです。そして同時に私たちあしなが育英会の職員にとっても力強い応援であり、前進するための大きな原動力です。

 

今月から、いただいたメッセージの一部を【あしながさんVOICE】としてご紹介させていただきます。今回ご紹介するのは、2021年8月中にホームページからご寄付くださったあしながさんより寄せられたメッセージ(※)です。

 

今月も100件を超えるメッセージをいただきました。本当にありがとうございました。

(※WEB上での匿名紹介を承諾されたもののみ掲載しています。)

 

◆私は大学一年生になりアルバイトを始めたばかりなので、沢山のお金を寄付することができませんが少しでも苦しんでる方や辛い環境に置かれている方のお手伝いをさせて頂きたいと思い寄付させていただきます。今後頑張って自立し、段々増やせていけたらいいなと思います。一緒に頑張りましょう!

 

◆生まれた環境や境遇の差で本来得られるはずであった幸せや教育を受けられないというのは間違っていると思い、少額からですが寄付してみました。寄付金だからといってあまり気負わず気楽に進んでいってほしいです。もちろん立ち止まっても大丈夫です。ケーキとか食べてください。

 

◆私は3歳でひとりになり、その後55年走り続けてきました。休まず走り続けることで、幸せをいくつも味わうことができました。58年の人生の唯一の自慢です。だから、一生懸命に走る人、走らなければならない人を応援したいと思います。

 

◆娘も大学期間ご支援を頂き本当にありがとうございました。今は医療現場のスタッフとして、働かせていただいています。私も食品製造として仕事を続けさせていただいています。コロナ禍であっても、休みなく今まで通り2人変わらない生活を送せていただけます幸いを思う時、あしながさんのご支援があればこその今があると感謝にたえません。僅かではありますが、何かのお返しになれば幸いです。心からの感謝を込めて。

 

◆いつも 外出先で あなた達の募金活動を お見かけすると必ず 募金して応援しておりました。時には1日に3〜5回ぐらいの時も有りましたが 私の寄付は あなた方だけに決めています。コロナ禍で外出もできない高齢者ですので 又皆さんの真剣なお顔を拝見しながら 募金箱に入れられる日を望んでいます。

 

◆私も学生時代に靴に穴が開いているのを知らずにはいていたことがありました。今は懐かしい思い出ですが、当時は将来に漠然とした不安を持っていました。しかし、振り返ってみると明日という日は必ず良いものであると思います。

 

◆皆さんへ
学歴や資格は、一生ものです。学んだことや資格は、誰もあなたから盗めません。一生の宝です。人それぞれに、得手不得手はありますが、他のことより少しだけ好きなことに挑戦してみてください。わずかな額ですが、また、させていただきます。

 

◆私は祖母と二人きりの生活保護世帯で育ち、高校からはアルバイトで生計を立てながら、今の職に就きました。私が学生時代だったバブル期とは違い、今は大変だとは思いますが、どうか少しでもみんなが学ぶことへの喜び等を知って、少しでも伸びようと思ってくれること、そしてそれが叶えられることを願っています。これまでは色んなところに単発的に支援を匿名でしてきましたが、残り少ない就労生活をささやかでも継続した支援にあてたいと思い、今回継続支援にすることにしました。皆さんの日々の笑顔を心から祈っています。

 

◆大変に感じる時もあるかもしれません。でも、あなたは1人じゃありません。つらい時は、その状況から、逃げることは恥ずかしくありません。心の内は、聞いてもらえる人に、遠慮せず話してください。決して未来は、暗くない。明るく楽しい未来が、あなたたちを待っています!そんな、あなたの力に、少しでもなれれば、と思っています。

 

◆人は皆 平等で、教育を受ける権利も皆平等だと思います。子供はこの地球上、皆の宝だと思います。明日を切り開いてくれる貴重な存在だと思います。志があるお子様が、経済的な面でやりたいことを諦めてしまわれる姿を見るのは辛い。とても本当に悲しいです。やりきれない気持ちです。何か困難があったり、うまくいかないことを体験した人の方が、人への思いやりも出来、いろいろな工夫も出来、精神面でタフで社会に必要とされる人間に育たれると思います。どうか、すべての体験をプラスのエネルギーに変えて、夢を諦めず成人してほしいです。本当に最低限の額での協力しかできませんが、ほんのちょっとでも役に立てて頂ければありがたいです。

 

【あしながさんVOICE】に関するお問い合わせやメッセージは寄付課までお気軽にお寄せください。

 メール:supporter@ashinaga.org

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。