1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 【ひと】北海道での募金復活に向けて~5/14(土)実施~

【ひと】北海道での募金復活に向けて~5/14(土)実施~

2022年5月から12月まで、全国47都道府県をリレーでつなぎ寄付を募るあしなが学生募金 全国募金リレー。リレー最初の街頭募金は5月14日(土)に、北海道と青森県で実施されます。

実施を前に、北海道でのあしなが学生募金の復活に向けて奮闘する、あしなが大学奨学生のしゅんしゅんさんを紹介します。

 

「全国募金リレー」最初の都道府県である北海道の募金に向けて準備をすすめるしゅんしゅんさんですが、実は北海道の学生ではありません。出身は青森県で、住んでいるのは宮城県。普段は学生募金事務局の東北エリアで活動しています。学生募金事務局北海道エリアは人手不足に悩まされており、しゅんしゅんさんのような経験豊かな学生が、事前準備のサポートに入っているのです。


しゅんしゅんさんは大学1年生のときから学生募金の活動に携わっており、大学3年生となった今は東北エリアのエリアマネージャーを務めています。最初は和気あいあいとした雰囲気に居心地の良さを感じて始めた活動でしたが、活動を続けていく中で遺児のおかれている現状を知り、生活に困っている遺児がいるということを多くの人に伝えたいという思いが強くなりました。大学で土木工学を学ぶかたわら、東北と北海道という2つのエリアを舞台に、学生募金の完全復活に向けて奮闘しています。

 

6歳のときに父親を自死で亡くしたしゅんしゅんさん。大学に行くことができたのは、あしなが奨学金のおかげでした。北海道にも自分と同じ様に学費に悩む遺児たちがいるはずと、自ら名乗りをあげて北海道エリアの活動にも携わり始めました。

 

2年ぶりに実施した札幌駅前での街頭募金。2時間だけの実施だったが、久しぶりに街頭の方たちの温かさにふれることができた(2021年12月)

 

2021年12月、北海道ではコロナ禍で中止していた街頭募金を、 2 年ぶりに実施することができました。しかしながら実施は2 時間と限定的であり、遺児たちの進学を守る為には街頭募金を本格的に復活させる必要があります。そのためにしゅんしゅんさんは仲間たちとミーティングを重ね、準備を進めています。

 

「親を失うというたった一つの出来事で生活が苦しくなり、自分の学びたいことが学べず、夢を諦めてしまう子どもたちは多くいます。僕たちはそのような子どもたちの夢を守るために声を上げ続けます。北海道の皆さんの温かいご理解とご協力をよろしくお願いします!」と、しゅんしゅんさんは力強く語ってくれました。

 

北海道での募金は5月14日(土)に、札幌駅前(アピアドーム前)と、旭川市のアッシュビル前で実施予定です。みなさんに街頭でお会いできるのを楽しみにしています。

また、街頭以外でもご寄付を募っています。クレジットカード、銀行振込、口座引落などでご寄付が可能です。現在北海道では318人の遺児が奨学金を必要としています。ご寄付で遺児の進学を支えてください。よろしくお願いします。

 

あなたの支援を必要としている子どもたちがいます。

あしなが育英会では、病気や災害、自死などで親を亡くした子どもや、障がいなどで親が働けない子どもを支えています。

これまであしながさんのご支援のお陰で11万人の遺児が進学の夢を実現しました。

遺児たちをそっと支援する「あしながさん」として、子どもたちを応援してくれませんか?


寄付をする

 

 

※本記事は、あしなが学生募金全国募金リレー特設サイトに掲載された記事を再構成しました。

寄付で遺児を
応援する

寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。